悩む男性と黄色のカプセル
  • ホーム
  • 性病の治療には何科を受診すればいい?

性病の治療には何科を受診すればいい?

性行為をしてしばらく経った後に性器にかゆみが生じたり、ブツブツとしたできものができた場合、またおりものなどの分泌物の様子がおかしい場合など、その他にも何かしらの異常が見られる場合は性病の可能性があります。
病院へ行くことは勇気がいるかもしれませんが、性病は軽い怪我や風邪のように、放置しておいても自然と治る可能性はないため、性病が疑われる場合は必ず病院を受診する必要があります。
まず、一言に性病といってもさまざまな種類があり、性器に異常が現れるものが全てとは限りません。
そのため、症状が現れた部位によって受診する診療科を判断すると良いです。

その中でも、まず性器に異常が見られる場合、基本的に男性の場合は泌尿器科、女性の場合は産婦人科を受診することで対応してもらえます。
また、病院によっては性病科がある場合もあるため、最寄りの病院にこういった診療科があるかどうか調べてみることも良いです。
その他にも、喉に異常が見られる場合は耳鼻咽頭科、皮膚に異常が見られる場合は皮膚科などで対応してもらえることもあります。
しかし、必ずしも全ての病院で対応してもらえるとは限らないため、対応可能かどうか事前に確認しておくことが大切です。

そして実際に病院を受診する前に、ある程度自分の体調や症状を整理しておくと当日の診察がスムーズに進む可能性があります。
なぜなら、性病の治療を行う際には必ず事前に問診があり、そこではいつ頃から症状が現れ始めたのか、どういった症状があるのかなどを詳しく述べる必要があります。
これは適切な治療を受けるために必要なことなので、中には抵抗があったり恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、正しい情報をきちんと伝えられるようにすることが大切です。
また、はっきりとした症状が現れているわけではないけれど、不安に感じることがあるためとりあえず検査を受けておきたいという場合でも、泌尿器科や産婦人科で対応をしてもらえます。

そして性病の疑いで病院を受診する場合、できれば一人ではなく、性行為をした相手も一緒に受診すると良いです。
なぜなら、性病は性行為をした相手を介して感染することが多いためです。
症状の現れ方や実際に現れ始める期間には個人差がありますが、一人に性病の症状が現れた場合、もう一人も性病に感染している可能性があるため、泌尿器科か産婦人科、どちらでも大丈夫なので一緒に検査を受けることが良いです。

どんな検査をするの?

性病の検査にはいくつかの方法があります。
例えば血液検査や尿検査、おりものなどの分泌物の検査です。
しかし、これら全ての検査を一通り行うわけではなく、感染した可能性のある性病によって行われる検査は違います。
基本的に検査の前には事前の問診を受けるため、それによって感染した可能性のある性病の判別を行います。

例えば、カンジダや性器ヘルペスが疑われる場合は視診、HIVやクラミジアが疑われる場合が血液検査といった具合です。
しかし、受診する病院によって実際に受ける検査方法が異なる場合もあります。
そして検査結果は最短の場合で当日、長い場合だと一週間ほどの時間がかかることがあります。
検査にかかる料金もさまざまで、保健所であれば無料で受けることができますが、検査項目が多い病院では数万円ほどかかることもあります。

また、性病の疑いがあると思って病院を受診しても、感染した性病によっては潜伏期間が長いものがあるため、受診した時点でははっきりとわからないこともあります。
その場合はまた再検査といった流れになることもありますが、適切な治療を受け、早期完治を目指すためには例え自覚症状が無くても、早めに病院を受診することが大切です。

関連記事