悩む男性と黄色のカプセル
  • ホーム
  • 性病の検査を受けるにはどうすればいい?

性病の検査を受けるにはどうすればいい?

性行為が原因で感染する病気、それが性病です。
性器クラミジア感染症やカンジダ症・梅毒・B型肝炎・HIV感染症など聞いたことがないでしょうか。
HIV感染症により少しずつ免疫力が低下すると合併症を起こしエイズになると言われています。

性器にかゆみや痛みを感じたり、できものや水ぶくれができたり、おりものが増えたり。
尿をする際に痛みを感じたり残尿感があったりという方もいますし、原因不明の熱が出てきたりということもあります。
そんな症状のうち、どれか一つでも自覚があれば性病の疑いがあります。
検査を行なう必要があります。
性病は自然に治る病気ではない以上、必ず病院で治療しなければならないのです。
検査は病院の泌尿器科・産婦人科・小児科・皮膚科などで行なわれています。
お値段が気になるなら、全国の保健所であれば基本的に検査費用無料ですし、匿名で受けることもできます。

その方法ですが、それほど構える必要はありません。
血液を少量採取して血液中の成分を調べる血液検査・尿検査・更にはおりもの検査・そしてのどの粘膜の検査です。
おりものは女性向けの検査であり、尿を調べるのは男性のみとなるでしょう。
性行為の特性上、性病というのは性器周辺だけではなくのどにも感染します。
そのため、カルポーターという綿棒のようなもので喉を軽くこすって粘膜を採取するのです。

それぞれの方法で判別できる病気の種類は違ってきます。
すべての検査を受けてもよいですし、症状で思い当たるものがある場合にはその検査のみをやってもらってもよいでしょう。
病気ごとに治療方法も違ってくるので、まずは判別するところから始めましょう。

調べた結果、性病であることが判明したら次にやらなければならない大切な仕事があります。
パートナーにも同じように病院に行き調べてもらうのです。
性行為を行なった以上は相手にも移っているかもしれません。
たとえ治療して完治してもまたパートナーと性行為を行なったら移し返されてしまうでしょう。
そのため、必ずパートナーと一緒に治療を行なう必要があるのです。

どちらもが完治した上でようやくまた性生活が戻ってくるのです。
健康な性生活を送るためには必要なことです。
命の危険にもさらされるような病気もあるため、パートナーのためにも対策させてあげるべきなのです。

自宅で検査を受ける方法もある

恥ずかしいからと病院や保健所に行くのを躊躇するなら、通販サイトを通じて自宅で検査をすることもできます。
性病を調べる自宅用キットというのが販売されているのです。
自宅なら診察費用がかからない分お値段も安くなります。
忙しくて病院に行けないという方も通販なら24時間いつでもキットの購入可能です。
家族に内緒で治療したいというなら、郵便局留めにしましょう。
匿名で検査できるキットもあります。

できるだけお値段を安くというなら気になる症状に合わせた病気が調べられるものを選びましょう。
他の病気にも感染していないかきちんと調べておきたいというのならすべて調べられるものにするといいでしょう。

キットには男性用・女性用とあります。
間違えないよう使用し、パートナーと一緒に早めに対処するようにしましょう。
あくまでチェッカーなので、症状に感染していることが分かったら、たとえ恥ずかしくても忙しくても病院に行って治療を受けなければなりません。
あなたとパートナーの命がかかっていることですから、恥ずかしいなんていってられないはずです。

自宅用でもその方法は同じで、血液や尿・おりものを調べます。
やり方をよく読んで、正しく使用しましょう。

関連記事