悩む男性と黄色のカプセル
  • ホーム
  • 女性が風俗で働く時は性病のケアを徹底的に

女性が風俗で働く時は性病のケアを徹底的に

女性が風俗店で働く際には気になる事、注意したい事があります。
大抵の人の場合は万が一にも知り合いに遭遇したくないでしょうから少し離れた地域で働く方が多いと思いますが、一番注意してほしいのは性病に感染してしまう事です。

不特定多数の男性客が訪れる、又は利用するのが風俗店ですので、性病に感染している事に気づかないまま訪れる方や、病気の潜伏期間中に訪れてうつしてしまう方も中にはいらっしゃいます。
男性にとっても女性にとっても性病は恥ずかしいイメージが強く、感染したくはないでしょう。
万が一感染しているとわかれば嫌な思いをする事になるので、わざわざ他人に悪意を持って病気をうつす為に風俗店を訪れる男性はまずいません。
詳しいサービス内容には触れませんが、風俗店の業務形態には設置された店舗で仕事をする所と、電話で予約を受け付けて指定された場所へ訪れて仕事をする二つの勤務形態が主流です。

店舗で勤務する場合も指定された場所で仕事をする場合も基本的にはサービス開始時点でお互いシャワーで体を清潔にし、イソジンでうがいをして性病などの感染を予防をします。
さすがに客の方も体を洗う事なく不潔なままサービスを受けたいと思う方はまずいませんし、女性としても不潔なままでサービスを開始したくはないでしょう。
万が一性病に感染したとあってはお店の信用問題にも係わるので基本的にはサービス開始前や直後にシャワーや入浴はルールとして決められています。

ただ、注意していただきたいのはイソジンは医学的には性病予防の効果は薄いと判断されているところです。
イソジンにはきちんと殺菌効果はありますが、のどの奥までは殺菌しきれないので効果は薄いと判断されているのです。
風俗店のサービスでは俗にいうオーラルセックスは避けては通れませんので難しい問題ではありますが、医学的にはうがいそのものには予防効果があると認められています。
サービス開始前や終わった後にうがいを数回して口の中をケアする事で感染の予防はできます。

単純な方法ではありますが、予防の為のケアとしては非常に簡単です。
自分自身が性病に感染しない為にも、また性病に感染したお客さんからもらったウイルスをそのまま次のお客さんへ感染しない為にも身近にできる簡単なケアや予防は必ず行うようにしてください。
人の噂はあっという間に広がってしまいますので、お客さんが性病に感染してしまえばあっという間に噂は広がって、お店の方にも苦情の電話等入る場合もありますのでできる事はやるようにお勧めします。

お店選びも重要なポイント!

働く際に一番重要なのがどんなお店で働くかになります。
夜の仕事は危険なイメージが強いですが、優良店舗は数多く存在します。
インターネットや求人情報誌など人の目に触れやすい媒体に募集広告を載せられる会社というのはそれ自体が後ろめたい事の無い自信の表れでもありますので信用度は上がります。

また、面接の段階では必ずシャワーを行う事がお店のルールとして存在しているか、強引でルールを守らないお客さんの担当になってしまった時の対処がされるかどうかが大切です。
備え付けの電話の内線で助けを求めたらきちんと男性スタッフが即座に対応してくれるかなどは身を守る上で重要な事になりますので確認してください。
設置型の店舗の中には説得に応じない悪質なお客さんへの非常手段として、即座に男性スタッフが対応に来てくれる緊急呼び出しボタンが設置されている所もあります。

設置型の店舗では無く移動先でサービスを行う会社の場合は、お客さんが電話で予約する時に、必ずシャワーなどの入浴施設があるか確認してくれるのかが重要になります。
お客さんが嘘をついていて、行った先でシャワーも浴びず不潔な状態でサービスを強要してきた時に、電話で助けを求めたり、身の危険を感じて逃げた時にきちんと男性スタッフが助けてくれるかなどは必ず聞いてください。
優良な店舗であればそんなことは常識だという自信を見せてくれますし、過去にあった事例なども包み隠さず教えてくれます。

関連記事