悩む男性と黄色のカプセル
  • ホーム
  • セックスライフの質を向上させるには

セックスライフの質を向上させるには

男女の関係、特に夫婦や恋人との関係を良好に保つためにもセックスは非常に重要な存在です。
必ずしもセックスありきの関係である必要性はないにしても、動物の基本欲求、本能によってもたらされる欲求を満たさない環境は、様々な弊害を生む恐れがあります。
充実したセックスライフを送ることがパートナーとの関係性を向上させる方法であるということを良く理解し、セックスレスにならないための対策をしっかりと講じていくことが大切です。

セックスライフの質を向上させるポイントは、自身とパートナーの双方がセックスに対して正しい認識と知識を持つことです。
人によってセックスに対する考え方は違っていて、特に男性は「己の性欲のみ発散できれば良い」と考えていることも少なくありません。

たしかに、自身が抱える欲求さえ満たすことができればストレスはたまらないかも知れませんが、それはあくまでも片方だけがストレスフリーな状態であるに過ぎません。
一方が自己満足的なセックスライフを良しとして質を低下させてしまうと、最終的にはセックスレスに発展することもあります。
セックスライフの質とは、単にセックスの頻度や所要時間がないこととは関係ありません。
毎日1回はセックスをしている環境と、週に1回しかセックスをしない環境を比較したとして、必ずしも前者の方が充実したセックスライフを送っているとは言えません。

むしろ、週に1回しかセックスをしない代わりに、その1回でパートナーとしっかりとコミュニケーションをとっている様な環境の方が、明らかに良いセックスライフを送れていると言えます。
あくまでも共通認識の下でそういった状況であることが条件ですが、セックスライフを向上させるためには一緒になって努力することが必要です。

男女、年齢、性格などでセックスに求めることが違い、お互いの関係性の変化によっても欲求は変化していきます。
過去にはこれで良かったという考えは間違いを招く要因となりやすいため、常に最新の関係性を意識するようにしましょう。
その際には、独りよがりの一方的な考えで決めてしまうのではなく、パートナーとしっかりと話合うことが必須です。
改めて機会を作ることが必須というわけではなく、セックスの最中にどうしていくべきなのかという話題を提起するだけでも効果があります。
要するに、お互いにもっと良いセックスライフを送りたいという認識を持つことが大切だということです。

セックスレスにならないためにも

セックスレスになる要因のうち、第一位を占めるのは何となくです。
調査機関によっては結果が異なる可能性もあるでしょうが、現在広く認識されている要因はこの通りです。
とはいえ、何となくという理由の裏には様々なことが隠れている訳なので、その一つ一つを解き明かしていく努力をする必要があります。

男性側が仕事の忙しさを理由にパートナーを蔑ろにしてしまったり、女性が子育てを理由にパートナーへ目を向ける機会が減ってしまうと、パートナー同士の信頼関係に亀裂が入ってしまいのです。
それが原因でセックスをしなくとも良いという考えになりやすいです。
セックスレスだからと言って必ずしも夫婦生活、恋人としての関係が破たんしてしまう訳ではありません。
頻度が少なくとも違和感なくセックスができる関係と完全なセックスレスの関係では、確実に前者の方が良い関係であると言えます。

何となくセックスレスになってしまう要因を意識し、無理にでもその状態にならないような対策をとることが大切です。
自分自身がどう思うのかだけで判断するのではなく、相手がどう思うのか、相手とどのような関係を築いていきたいのかを意識していくことが、セックスレスを予防する基本だと覚えておきましょう。

関連記事