悩む男性と黄色のカプセル
  • ホーム
  • コンドームでも性病の予防に失敗!?

コンドームでも性病の予防に失敗!?

コンドームを使用すると性病感染の予防になるから大丈夫、と過信しているのも多いのが現状です。
コンドームをつけていたとしても感染する性病もあります。

性器ヘルペスは性行為でなることが多いですが、相手が性器ヘルペスを持っているとその患部を触ることで感染してしまいます。
病原部との接触で感染してしまうので、コンドームをつけていたとしても感染する可能性はあります。
尖圭コンジローマも同様で患部への接触等で感染します。
主に膣、陰部や肛門などにカリフラワー状のいぼみたいな物ができます。
膣カンジタもセックスをしなくても感染するリスクがあります。

もともと女性の膣の中にはカンジタ菌がいるのですが、日頃のストレスや疲れなどがたまって免疫が下がってくると増殖し、拡大します。
その要因としては疲れだけでなく、生理前のホルモンバランスの崩れや、妊娠、合っていない服装や、そのほかの病気に感染しているなど様々です。
そんなときにセックスを行うとたとえコンドームをつけていたとしても、性病を予防することは出来ません。
ケジラミは陰毛の接触だけで置きます。
梅毒はキスだけでも感染する可能性があります。

性病を予防できるのはHIVなどの感染、クラミジアや淋病などです。
精液に直接触れることで感染することも充分考えられます。
唾液と唾液が交わると感染なども考えられるため、理性を無くして性行為を行ってしまいますと、性病に感染し取り返しのつかないことになります。
これらの病気はコンドームで防げるとはいえ、前戯などやコンドームの使い方によっては感染予防をできないことも充分に考えられます。
性病はどういった物があって、感染した場合どういう処置が必要かを知っておく必要があります。
感染するとなかなか治らないこともあります。
そうすると、セックス自体をすることが出来なくなります。

また、複数の人数とするのではなく特定の人だけで行うことで他者への感染拡大も減らす予防となります。
また、コンドームを2枚重ねすることで感染を防ぐことができると思っている人も多いですが、感染しているため2枚つけようがあまり変わりません。
むしろ、1枚の方が感染を防ぐ可能性もあります。
コンドームは1枚を装着するように作られているため、寒いから手袋を2枚することで寒さ対策が出来るようになるわけではありません。
しっかりと、使い方の注意を読んでから正しくコンドームを使用することがとても重要です。

オーラルセックスでもコンドームは必要!?

最近、オーラルセックスによる感染症が増えています。
女性が生理中には挿入できないため、挿入出来ない時にオーラルセックスをすることも多いです。
陰部を口にくわえることで、唾液からの感染、または逆に精液から唾液の感染も可能性があります。
そのため、オーラルセックスの時にもコンドームの装着を行うことで性病の予防となります。
コンドームを装着するのは射精する直前でなく、挿入前、もしくは相手が接触する前が重要です。

射精前に出るカウパー腺液という物が挿入の時に膣への通りを良くするのですが、その中にも少なからず精子が混ざっている可能性があります。
感染リスクが高くなるので、コンドームの使い方にも注意が必要です。
また、2枚重ねにすると破れるリスクが高まります。
2枚重ねが強化してくれるわけでは無いので、1枚の装着にします。
また、コンドームの保管場所によっては品質の劣化の恐れがあるため注意する必要があります。

日本のコンドームは薄くて感度も良いと評判です。
男性が面倒だからとつけないことは女性に対する性暴力と見なされる国もあるほどです。
性病にかかると、セックス自体が出来なくなる可能性もあるので、正しくコンドームを使用し、性病を防ぐことが必要です。

関連記事